So-net無料ブログ作成
検索選択

号泣(^^ [日記]

 ということで、久しぶりに休みがとれたので、久しぶりにDVD見ていました。

いや~すっかりデブ性出不精になりましたね~。

ということで見ていたのがこれ。

壬生義士伝 4枚組

壬生義士伝 4枚組

 はい、AMAZONで購入。

 2002年の正月に12時間ドラマとして放送された「壬生義士伝」のDVD版。

 実は放送当時も見たのですが、映画版→小説版と流れ、結局買ってしまいました。

<あらすじ>

 吉村貫一郎は、南部藩随一の文武両道の士といわれながら、妻子を養うために脱藩し、壬生浪(みぶろ)と呼ばれた新選組に入隊する。“人斬り貫一 と恐れられ、また“守銭奴 とさげすまれながらも、稼いだ金は妻子に送っていた。
※AMAZONより抜粋

個人的あらすじ。

 吉村貫一郎は、南部藩(現在の盛岡)一の剣の使い手。また学問においても藩校の助教を勤めるほどであったが、足軽という生まれのため、極貧にあがいていた。

 去る年の大飢饉のおり、妊娠した妻の自殺(未遂)をきっかけに、妻子を「食わせるため」に脱藩。腕を頼りに新撰組に入隊する。

 新撰組内では規律違反者の介錯など、いわゆる「汚れ仕事」を中心にこなす見栄も外聞も無く金を集める。すべては故郷の妻子に送金するために。。。

 

<感想>

 吉村貫一郎は、「どちらかと言うと繊細で、無骨さのない、優しげな顔つき。外見は貧相」という原作のイメージからすると、映画版の中井喜一のほうがあってるとは思います。

 ただ、このドラマ版の渡辺謙は、朴訥で、純粋で、涙もろく情に厚い、すばらしき「田舎侍」を演じており、これ以上はないくらいの「吉村貫一郎」を演じてくれています。

 吉村貫一郎は、「銭こに名前は書いてねえから」と、人の金まであさるような、いわゆる新撰組の「漢」とはかけ離れたキャラクターです。

 将軍も天皇も、勤皇も佐幕も関係ない。わしは家族のために戦う。

 こんな感性を幕末、しかも新撰組に入れた浅田次郎はさすがといいますか。

 浅田次郎の「なけ!なくんじゃ!」という叫びが聞こえてきそうであります。

 

 ちなみに、このDVD版。

 涙腺が破壊されるかって位号泣しました(^^

 本日の午前中、ジムでいやってほど汗かいたのに、午後になってさらに水分搾り出した感じです。

 いや、放送当時も号泣したのですが、再度見直しても号泣してしまうという。。。

 ちなみに、小説版は「電車の中で読んでいて、こみ上げてきた涙を我慢できずに途中下車した」経験があります(笑

壬生義士伝 上   文春文庫 あ 39-2

壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫
壬生義士伝 下   文春文庫 あ 39-3

壬生義士伝 下 文春文庫 あ 39-3

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫

 あまりに「泣かせる」シチュエーションが多く、ちとあざといと思わせる点もありますが。面白さに一気読みできる小説です。

 ちなみに劇場版DVDも発売されています。

 

壬生義士伝

壬生義士伝

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2007/01/27
  • メディア: DVD

 こちらも悪くはありませんが、尺の都合上、カットされたストーリーがおおすぎるので、原作に近いDVD版のほうが個人的オススメです。

 GWも終盤。最後に涙する物語はいかがでしょうか。では、おもさげながんす。。。


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 11

まめぞう

水分補給はお忘れなく!(笑)
電車降りた経験、何度もあったりしますσ(^_^;)
宮本武蔵だったりワンピース(あっ ^^;)だったり・・・
壬生義士伝は、恥ずかしながら見たこと読んだ事いずれも無いのですが・・・
吉村貫一郎、割り切り方が潔いですね。好きだなぁ、こういう人物!^^
by まめぞう (2007-05-05 09:06) 

moonrabbit

ナウシカで泣けるオッサ~ンが来ましたよ~。(ずざぁ~)
先日TVで映画を流していましたね。
中井貴一の役ははまっていたように見えました。が、細かい矛盾点も多かった映画版でした。時間軸をストレートにしたり、分割を少なくした方がもっと感情移入しやすいのでは?とも思ったり。←エラソウ

渡辺謙さんのも見てみたいですね。(^^
by moonrabbit (2007-05-05 09:44) 

うぃん

腹痛で下車したことならありますが(´・ω:;.:...

見たことないですね~^^
12時間かぁ。見てみたいのですが、時間がないなぁ。。。
小説のほうを読んでみる事にしますね。
渡辺謙の「硫黄島からの手紙」も実に名演でした。
by うぃん (2007-05-05 12:20) 

HIRO

自分も最近出不精気味ですね(^^; だって起きたら夜なんですもの。。。
なので一日一食の日が続いてます。なんかもう色々とヤヴァイです...orz

電車で泣いて途中下車とは凄いですね。自分もうぃんさんと同じく腹痛でなら何度か・・・。以前見たツワモノは電車内でう○こをもらして駅員に下車させられてましたがwww
by HIRO (2007-05-05 17:23) 

rx78

ラビさんと同じくナウシカでも泣けてしまうおぢさんなので、その手の映画
ドラマは極力見ないようにしています。
それでもNHKのプロフェッショナルを見て、うるっと来てヤバっと思ったり。(^^;
by rx78 (2007-05-06 00:25) 

KOZZ

エルモさん、Nice&コメントありがとうございます!

>水分補給はお忘れなく!
ティッシュとお茶(1.5L)と、ハンバーガー片手にみてました。
見終わったときにお茶は殻でした(^^

>宮本武蔵だったりワンピース(あっ ^^;)だったり・・・
ワンピースはなきますよ~。
Drヒルルク?の死に様見て、漫画喫茶でグシグシないてましたっけ・・・

>吉村貫一郎、割り切り方が潔いですね。好きだなぁ、こういう人物!^^
実際は割り切れているわけではなく、かなり葛藤しつつも、一筋の生き方を貫き通した、という感じでしょうか。。。
原作小説はエルモさんなら確実に落涙するとおもいますのでオススメです。

では、今後ともよろしくお願いいたします。
by KOZZ (2007-05-06 23:43) 

KOZZ

ラビさん、Nice&コメントありがとうございます。

ナウシカは、子供の頃から何度も見ているので、さすがになけなくなってしまいました。。。早く続編作ってくれないかな。。。

>先日TVで映画を流していましたね。
あ~それ、知りませんでした。
映画版の中井喜一は、小説のイメージにはかなり合ってるとはおもうのですが。
さすがにあの時間に収めるには無理のありすぎる内容でしたね。おっしゃるように、時間軸もあっちこっち飛ぶし。
個人的には、12時間ドラマのほうが「断然!」オススメですね。

では、今後ともよろしくお願いいたします。
by KOZZ (2007-05-06 23:46) 

KOZZ

うぃんさん、Nice&コメントありがとうございます。
>腹痛で下車したことならありますが
えっと、日常茶飯事?
湘南新宿ライナーはトイレつき車両しか乗りません。。。いや、アレは入るのは最後の手段とおもっているんですが。。。

>小説のほうを読んでみる事にしますね。
小説版は、かなりおもしろ~いと思います。文体も読みやすいし。
さ~一緒に泣きましょう(^^

では、今後ともよろしくお願いいたします。
by KOZZ (2007-05-06 23:48) 

KOZZ

HIROさん、Nice&コメントありがとうございます。

>自分も最近出不精気味ですね(^^; だって起きたら夜なんですもの。。。
えっと、危険信号です。
夜型はいいことないですよ~。私も学生時代はそんな感じでしたが。。。
一日一食ならいいんですが、2食食うとふとります。
お気をつけください(^^

>以前見たツワモノは電車内でう○こをもらして駅員に下車させられてましたがwww
うう、それは気の毒というか。。。電車内デハニホイガ・・・・
えっと、連れが電車内でげろはいたのでTシャツぬいで始末したことはありますが。。。電車内での粗相は、逃げ場が無いだけにつらいですね。。。

では、今後ともよろしくお願いいたします。
by KOZZ (2007-05-06 23:51) 

KOZZ

rx78さん、コメントありがとうございます。
昨日はありがとうございました~。楽しかったです(^^

>それでもNHKのプロフェッショナルを見て、うるっと来てヤバっと思ったり。(^^;
いえいえ、人間「感動」がなくなったらおしまいですから。
なけるのは素敵なことだとおもいますよ~。
私は今日の「スパイダーマン」のおじさん死亡シーンでぽろぽろないてましたから。。。

では、今後ともよろしくお願いいたします。
by KOZZ (2007-05-06 23:54) 

モッズパンツ

壬生義士伝は面白いし泣けますよね。 (´∀`)ノ
南部の米の香りのするおむすび。 (´・ω・`)
うるっ。w (ノ∀`) アチャー

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2007-05-10 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。